KaILI

KaILIは「矛盾あるデザイン」をコンセプトとしています。 デザインに違和感を覚え、矛盾に気づき、考える。 その過程を楽しんでもらえるプロダクトを生み出しています。